Jリーグワールドチャレンジ ドルトムント戦到着!


ワールドチャレンジ!

日本にこんなにもドルトムントサポがいたか!というぐらい黄色い!


ワッペン圧着はJのユニのみ、ACLユニは駄目って、まぁ確かにそうなんだろう。残念。


ドイツですからカリーヴルスト食ってやりましたよ!


南は7割程ドルトムント席なので、レッズ側はほぼ満員。
北は余裕あります。

勝ちましょう!

観ていて楽しかったドルトムント戦、でも悔しい…

 

クーラーの効いた部屋で観ていました…すいません。

58,327人も入った埼玉スタジアムに行ってその一人になればよかったと後悔したドルトムントとの一戦でした。

興梠ゴールの瞬間、家で一人で喜んでましたがやっぱりスタジアムで絶叫したいもんです。

ドルトムントの個の力はやっぱり強いし、勝負どころであっさり点を取るあたりはさすがでした…。2点を取った19歳のエムレ モルの技術はめちゃくちゃ高かった!

でも正直、勝ちたかった、勝てた試合でしたよね。

決めきれなかったこの1点の差が世界との大きな差ともいえますが、こういう試合はやっぱり面白いし、燃えますし、楽しいですね!

次はACLを勝ち抜いてクラブワールドカップでまた世界と戦いたいなと気持ちを新たにしたところです。

#football #soccer #saitama #urawareds #dortmund #bvb フジテレビで解説でした。 今日の試合面白かったなー

鈴木啓太 Keita Suzukiさん(@keita.suzuki.official)がシェアした投稿 –

さぁ、次は浦和の男「鈴木啓太」の引退試合!これは現地で見届けますよ!!

あ、小柳ルミ子さんの香川とのインタビューも色々な意味ですごかったですね(笑)解説は、脱線しまくりでしたし、やっぱりドルトムントびいきでしたが、この人はほんとにサッカー観すぎですね(笑)すごかった!!

(写真:mune)

Jリーグワールドチャレンジ ドルトムント戦を振り返る

Jリーグワールドチャレンジドルトムント戦、正直行くのを迷っていましたが、行って正解でした。

チケット完売、ドルトムントサポーターってそんないないでしょう…にわかサポが大勢集まる代表戦のような雰囲気なんだろうなと思って、なんとか会場についたら予想通りな感じ。しかし黄色がいっぱいだなぁ…と思ってスタジアムに入ってみるとスペースが少なくなった南自由席は早くから満席状態でした。

あぁ、でもやっぱり同じサポーターがいて安心。それにしてもドルトムントサポーター多いな…という印象。

練習からメンバー紹介と、ゴール裏ドルトムントサポーターの大歓声。

僕が間違ってました。どうやら純粋にドルトムントを応援するサポーターが多いようです!素晴らしいね。

ゴール裏はずっと総立ち。そして自由席が足りなすぎて緩衝部分をほぼ無くすような状態になってました。

ファーストゴールは浦和レッズ30番興梠慎三。カラダの入れ方、カラダの強さが最高です。

 J1得点ランク1位を独走する浦和FW興梠が先制弾を決めた。前半24分、起点は柏木のCKだ。ゴール前で屈強な相手DFの前に出るとすかさず右足を合わせた。「“駆け引き勝ち”ですね。フォアに逃げてニアに入る。ボールも良かったので当てるだけでした」。

相手のコンディションが100%でないことは理解した上でも互角に戦った内容には「完敗というのは全くない。勝てたなと。リーグ戦につなげていければ」と話した。

スポニチ http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/07/16/kiji/20170716s00002000058000c.html

58,327人、6対4から7対3でドルトムントサポ:浦和レッズサポな会場でした。

初めて浦和レッズサポーターの応援を体験したドルトムントサポーターにはどのように写ったでしょうか。

浦和レッズのプレイはどのように写ったでしょうか。

「お!浦和レッズも結構やるな、面白いフットボールするじゃないか」

と、思ってくれたドルトムントサポーターも多いんじゃないかと思う良い試合でした!

このような試合に参加できる浦和レッズと、浦和レッズサポーターは幸せだな。

この試合をきっかけに上り調子になりそうな予感!

 

可愛い(笑)